カラミざかり 2巻前編 ネタバレ!学校の授業中でもスクール水着でやっちゃう貴史と智乃

桂あいり先生の漫画「カラミざかり」2巻前編のネタバレを文字のみで紹介しています!

とうとう貴史は、里穂とつながることに成功して…

前話→→「カラミざかり」1巻ネタバレ

先に画バレ・漫画を読みたい場合はこちらからお得に読んでみてください♡

まんが王国で「カラミざかり」を今すぐ読む

登録無料で今すぐ読める

カラミざかり 2巻前編 ネタバレ

次の日、いつも通り登校した高成は、どこかぼんやりとしています。

「こーせー、昨日は最高だったよな」

そう声を掛けてきた貴史は、昨日のことをニヤニヤと話してきます。

あれからベッドについた血を洗うために、鼻血が出たって言い訳した、と笑いながら報告する貴史。

2人共処女だったのか、と話す貴史の後ろから、声がデカい、と怒りながら叩くのは智乃です。

あんたはデリカシーに欠けている、と怒る智乃の隣には、少し気まずそうな里穂が一緒です。

里穂を見つめながら、昨日のことを思い出す高成。

里穂のアソコに、貴史のペニスが入った瞬間を、思い出してしまうのでした。

 

授業が始まっても、高成は里穂のことを考えています。

里穂を見つめながら思い出すのは、里穂の大事な部分が露わになった裸…。

そんなことを考えていると、高成は先生に当てられてしまいました。

聞いていませんでした、と正直に答える高成に、ボーっとするなよ、と注意する先生です。

 

水泳の授業になり、着替えの準備をするなか、貴史がニヤニヤと智乃を呼び出します。

教室の隅で何かを話す貴史と智乃。

高成はそんな2人の様子が気になります。

水泳の授業が始まると、先生が休みの生徒を確認します。

貴史がいないことに気が付く高成。

そして、智乃も授業に出ていませんでした。

さっきまでいたのに、と話す生徒たちの横で、もしかしてあの2人…と高成はよからぬことを思います。

それはどうやら、里穂も同じようです…。

 

水泳の授業を休んだ貴史と智乃は、男子トイレの個室でセックスをしていました。

スクール水着を着たまま、アソコの部分だけずらしてペニスを入れる2人。

トイレの壁に手をついてお尻を向けた智乃に、立ったままバックで激しく腰を動かす貴史です。

「スク水、えっろ」

そう言って、水着の中に手を入れて胸を揉みしだく貴史。

そういえば高成の精子飲んだんだよね、と智乃に尋ねます。

俺のも飲んで、と一気に攻め立てる貴史の激しさに、我慢していた声を漏らす智乃…。

貴史は、智乃に精子を飲んでもらうため、射精寸前で智乃のアソコからペニスを引き抜きます。

智乃に咥えてもらいながら、たっぷりと口に精子を注ぎ込む貴史…。

吸ったらヤバい、とペニスをひくつかせます。

口の中に入った精子を自慢げに見せると、智乃はゆっくりと飲み込みます。

その様子に、再びセックスしたくなった貴史は、もう一度しよっか、と智乃の股を広げるのでした。

 

水泳の授業から帰ってきた生徒たちは、教室にいた智乃にどうしたの?と尋ねます。

具合が悪くなって保健室に行ってた、と答える智乃。

そんな智乃を気にする高成のもとへ、ニヤニヤしながら貴史がやって来ます。

お前どうしたんだよ、と尋ねる高成に、智乃とトイレでヤッてた、と打ち明ける貴史。

すっげースリリングだったわ、と笑う貴史は、智乃と今日また放課後にうちに集まろうって話していたんだ、と高成に話します…。

 

こうして放課後、貴史の家に集まることとなった高成と里穂、そして智乃。

家に行く前に、貴史がドラッグストアでコンドームを買うために立ち寄ります。

ドラッグストアには、貴史1人で買いに行き、他の3人は外で待つこととなりました。

里穂を見つめながら、今日こそ…と考える高成。

とそこへ、同じクラスの男子生徒たちがやって来ます。

こんなところより、店の中の方が涼しいじゃん、と声を掛けてくる男子生徒たち。

どう説明したらいいのか戸惑っていると、そこに貴史が戻ってきました。

コンドームだけ買うのは恥ずかしかった貴史は、他にもお菓子や飲み物を一緒に買ってきたようです。

何かするなら俺らも入れてくれよ、と絡む男子生徒たちでしたが、貴史は親にお使いを頼まれただけ、と説明します。

それを信じた男子生徒たちは、ガッカリしたようにどこかへ去って行きました。

じゃあ行きますか、といやらしく里穂と智乃の胸を見る貴史でした。

 

貴史の家に着いた4人は、今日はどうする?とセックスする相手を決めています。

高成は、今日こそ里穂と、と決心しているものの、うまく言葉が出てこないようです。

じゃあジャンケンで決めるか、と提案する貴史に、戸惑う高成…。

とそこへ、とりあえず貴史は私とね、と智乃が相手を決めてしまいます。

どうやら智乃は、高成が里穂とセックスしたがっていることを見抜いたようです。

高成に目配せをすると、貴史にキスをする智乃。

舌を絡ませてキスをすると、そのまま2人はベッドへとなだれ込みます。

昨日とは違って、手馴れた手つきでお互いを愛撫する貴史と智乃。

そんな2人を目の前にして、高成と里穂は顔を赤らめています。

里穂と目が合い、思わず逸らす高成。

思い切って里穂に手を伸ばすも、里穂は少し緊張している様子です。

もしかして、貴史ならいいけど俺とは嫌だったり…、と戸惑う高成でしたが、里穂の紅潮した顔を見つめる内に興奮してしまいます。

抱きしめて里穂にキスをする高成…。

その隣では、貴史の固くなったペニスを舐めている智乃が、キスをする高成たちを見つめています。

 

突然貴史が、思いついたように提案します。

「俺、王様やってみたい」

高成悪いけど里穂も貸して、と貴史。

貴史は、自分のペニスを掴むと2人一緒に舐めるところを見てみたい、と話します。

せっかく高成のためにとお膳立てした智乃は、戸惑いながらも貴史の強引さに何も言えません。

こうして智乃と里穂は、ベッドに横たわる貴史のペニスに顔を近付けます。

 

仕方ないね、と智乃はペニスの左側、里穂もペニスの右側を舐め始めます。

舌先でチロチロと舐め合う2人の様子に、この眺め最高だな、とさらに興奮する貴史。

里穂と智乃に攻められて、貴史は快感に思わずのけぞります。

智乃は亀頭辺りを咥えるように舐め、里穂は睾丸を口に含ませるように舐めています。

「あ…くぁ…ぁあーっ…」

唾液が滴り落ちる音と、貴史が気持ち良さそうに喘ぐ声のなか、高成は里穂のスカートから見えている下着を見つめていました。

高成のペニスも、大きく勃起しています。

机に置いてあるコンドームに視線をやると、装着する高成…。

 

夢中で貴史のペニスを舐めていた里穂は、いきなり高成に下着を下ろされます。

突然のことに驚く里穂ですが、高成は興奮して、里穂のアソコに自分のペニスを挿れようとしています。

まだあまり濡れていないため、里穂は痛い、と訴えます。

しかし里穂とセックスができることで理性を失っている高成…。

そんな高成に、ちょっと待てって、と貴史が声を掛けます。

里穂はまだ濡れてないだろ、と里穂のアソコを触って確認する貴史。

「俺がビショビショにしてやるから」

貴史はそう言うと、里穂を引き寄せキスをします。

里穂の上に逆さにまたがると、ぱっくりと指でアソコを開き、クンニをし始める貴史…。

貴史の舌の感触に、里穂は堪らず声が出ます。

そんな里穂を見つめる高成の様子に、智乃はため息をついています。

 

俺のも舐めて、と貴史は里穂に、自分のペニスを舐めるように指示します。

貴史はクンニ、里穂はフェラをする様子を、食い入るように見つめる高成…。

里穂の敏感なところを舌先でくりくりと転がすように舐める貴史の愛撫で、里穂はすっかり濡れてきました。

「もう大丈夫だろ…高成、里穂のアソコ…準備オッケー」

そう言って貴史は、里穂のアソコを指で広げます。

里穂のアソコは、貴史の唾液と溢れ出る愛液でビショビショです。

高成は、里穂に覆い被さり、正常位でセックスしようとペニスを押し当てます。

しかし初めてであるため、うまくペニスを挿れることができません。

「もう少し…ここ…」

そう言って、里穂が恥ずかしそうに自らの手でペニスを誘導します。

こうして高成は、里穂と初めてのセックスをすることとなりました。

 

挿れた瞬間から、激しく腰を動かす高成。

その様子を、貴史と智乃が見つめています。

あんたって悪い男だよね、と貴史に向かって笑う智乃。

しかし貴史は何のことか分からないようです。

再び笑う智乃は、あたしのも舐めて、と貴史にクンニをおねだりします…。

初めてのセックス、それも好意を寄せていた里穂とのセックスに、高成は興奮してさらに激しく腰を動かします。

キスをしながら、里穂のアソコの感触を味わう高成…。

「すげ…っ、ペニスを締め付けてくる…これがセックス…」

高成はあっという間に射精してしまうのでした。

 

それ以来、まるで理性を失ったかのように、毎日集まりセックスをする高成達4人。

貴史の家や、外、そして時には学校でも…。

ある日高成は、家でぼんやりと今日のことを思い出しています。

それは貴史と里穂が絡み合っていた時のことです。

挿れる直前、コンドームをつけようと箱に手を伸ばした貴史が、ゴムがなくなった、と言います。

「絶対外に出すから、生で挿れてもいい?」

絶対だよ、と頷く里穂に、コンドームなしで挿れる貴史。

いつもと違うぬるぬるとしたアソコの感触に、堪らなさそうに貴史が声を漏らします。

その様子を見ていた高成のペニスが、さらに固くなるのを智乃は見逃しませんでした。

騎乗位で激しく攻め立てると、高成の乳首を舌で愛撫します。

智乃の激しい腰の動きに、思わず声を出してしまう高成。

ベッドの上では、ゴムなしセックスに夢中になる貴史がいます。

「あ、もう…うぁっ…ぁは…ヤバい…でる…」

イク寸前でペニスを引き抜いた貴史は、精子を里穂の上半身にぶちまけます。

貴史の射精したペニスについている精子を、キレイに舐めとる里穂でした。

 

学校は夏休みに入り、高成は予備校に毎日通うこととなります。

2週間毎日通うため、今までのように会えなくなる高成に少し寂しそうな貴史…。

その隣を、里穂と智乃が一緒に歩いています。

こうして夏休みが始まり、予備校へと通い出す高成。

お昼をコンビニで調達すると、予備校で1人ご飯を食べています。

食べながらスマホを覗くと、貴史から新着メッセージがきていました。

何気なく見たそのメッセージには、里穂と智乃であろう裸の写真が送られてきていました。

貴史のペニスを2人で舐め合う姿も、一緒に送られてきます。

「問題です。どっちがどっちでしょう?」

それからも毎日予備校に通う高成。

貴史から時々、獣のように絡み合う写真や、5時間ヤった、というメッセージが送られてきます。

予備校から帰る電車の中で、裸で横たわる里穂を思い出す高成…。

 

ある日、予備校の授業の合い間に外へ向かった高成は、そのまま貴史の家まで向かいます。

呼び鈴を鳴らそうとして、ふと玄関のドアが開いている事に気がつく高成。

玄関には、女性の靴が置いてあります。

気がつくと高成は、勝手に貴史の家へと上がっていました。

そのまま貴史の部屋へと向かうと、そこには貴史のペニスを舐める里穂の姿が…。

激しくフェラをする里穂に、気持ち良さそうに貴史が体をのけぞっています。

乳首も舐めて、と指示を出す貴史のペニスを、今度は手でしごく里穂…。

思わず見入ってしまった高成は、2人に見つかってしまいます。

勝手に上がってごめん、と謝る高成に、智乃が旅行で、最近は里穂と2人きりだった、と話す貴史。

ずっと2人きり、という言葉に戸惑う高成は、何も言えないで立ちつくしています。

 

「なぁ里穂、高成にあれ見せてやろうぜ」

何か思いついた様子の貴史は、すげーからビックリするぞ、と楽しそうに里穂をベッドに寝かせます。

里穂の股を大きく開かせると、アソコに指を入れて中を掻き回すように動かす貴史。

いつもより激しく、いやらしい音が部屋に響き渡ります。

やがて里穂のアソコは、細かく痙攣を起こし始めます。

もうすぐだ…見てろよ、と笑う貴史。

里穂が堪らず腰を上げ、貴史が指を抜いた瞬間、里穂の潮がアソコから激しく吹き出します。

ガクガクと腰を痙攣させる里穂のアソコは、まだ潮が溢れ出てきます。

「すげーだろ?潮吹き開発しちった」

満足げに笑う貴史は、まだ痙攣が止まらない里穂のアソコにペニスを押し当てると、一気に挿れます。

高成の見ている前で、気持ち良さそうに正常位で激しくセックスする2人…。

潮を吹いたばかりの里穂は、今までにないほど、気持ち良さそうに喘いでいます。

堪らず自分のペニスを取り出し、里穂の顔に近付ける高成…。

里穂は貴史とセックスをしながら、高成のペニスを咥えて愛撫するのでした。

 

その後、理性を失った様に、何度も里穂と交わる高成がいました。

そろそろ親が帰ってくるから、と話す貴史の声が聞こえていないのか、激しく里穂にペニスを打ち付けます。

里穂の後ろから、お尻の肉をまくり上げるように、結合部分を露出させ見つめる高成。

まるで自分のものだと主張するように、強く里穂を攻め立てます。

そのまま激しく腰を打ちつけ、里穂の奥で射精する高成でした。

 

この日、予備校をサボってしまった高成は、後で親からこっぴどく怒られてしまいます。

そして予備校期間中は、他の外出は禁止となってしまった高成…。

智乃が旅行から戻って来ても、貴史と里穂、智乃は高成抜きでセックスを楽しんでいました。

寝転ぶ里穂とセックスする貴史は、横で寝そべる智乃をクンニしています。

クンニされながら、スマホで夏祭りの情報をチェックする智乃…。

今度日曜にある祭り、みんなで行かない?と2人に提案します。

高成も予備校が終わるし、4人で行こうか、と答える貴史。

その間も、腰の動きを止めることはありません…。

浴衣着ていくから揃えよう、と話しながらも、快感に体を反応させる智乃と里穂。

貴史の射精に合わせて、絶頂を迎える2人なのでした。

「カラミざかり」2巻後編ネタバレに続く


カラミざかりを無料で読む方法

「カラミざかり」を無料、あるいはお得に読みたい場合におすすめのサービスを紹介します!

まんが王国で今すぐ読む登録0円!毎日最大50%のポイント還元で漫画がいつでもお得に読める!無料作品2500作品以上、じっくり試し読みは3000作品以上。オトナ向け漫画も読みやすい。
ebookjapanで今すぐ読む登録無料。取り扱い作品数はトップクラス。漫画だけでなく写真集なども配信されている。まとめ買いセールや1円セール、割引セールやPayPayでも購入できるのが便利。
U-NEXTで今すぐ読む無料トライアルですぐにもらえる600円分のポイントで「カラミざかり」が超お得に読める!
FODプレミアムで読む無料のお試し期間中にポイントがもらえ、「カラミざかり」も楽しめる。
FANZAなどのアダルト作品専門のサイトはちょっと抵抗があるけれど、これなら安心してこっそりと楽しめますわね♡
登録無料で今すぐ漫画がお得に読めるまんが王国がおすすめですわ!

まんが王国は会員登録が無料です。面倒な解約手続きやダウンロードなども不要!毎日最大50%ポイント還元があるので漫画がいつでもお得に読めますよ♪

カラミざかりをpdfやzip・rar、漫画村の代わりに無料で読む方法まとめ

カラミざかり 2巻前編 感想まとめ

高成も無事に童貞卒業となったのですが…貴史のお節介が何とも切ない流れでしたね。

悪い男というか、空気が読めないというか…。

そして理性を失った様にセックスをし続ける高成たち。

そんな中、1人予備校に通うも、心ここにあらずの高成ですね。

今回も、ところどころで高成が切なそうな表情を見せていて、エロいけれど虚無感を感じた回でした。

それにしても、どんどんエスカレートする里穂と智乃の性開発…。

すっかりセックスが日常化していますね。

貴史はともかく、これから先、里穂と智乃は大丈夫なのか、少し心配です。

このままやりまくりの日々を過ごすのかしら〜

カラミざかり 2巻前編のネタバレと感想を紹介しました!

ぜひ絵の方でお楽しみください♡

まんが王国で「カラミざかり」を今すぐ読む

登録無料で今すぐ読める

まだ漫画バンク使ってるの?漫画を無料で読むならココ!

まんがのけものがおすすめする「漫画が無料で読めるサービス」はこちら!漫画バンクより安全です。

コミック.jp

配信作品数は13万以上!無料で読める漫画も豊富。1350円分のポイントがお試し期間中にもらえて有料作品もタダで読めるのは6月1日まで!

退会してからも漫画は読めるので、試すなら今がベスト(無料期間中に解約すればお金はかかりません)

U-NEXT(ユーネクスト)

600円分のポイントがお試し登録後すぐにもらえる!気になる漫画の最新刊・最新話もポイントを使えばもちろん無料で読むことも。

さらに雑誌が読み放題(追加料金なし)!アニメ化・ドラマ化・映画化など映像化した作品も楽しめる!

まんが王国

登録無料、ダウンロードも不要で無料漫画がいつでも読める!無料作品は3000作品以上常に配信。

アダルト・TLなどオトナ系コミックも豊富。まんが王国でしか読めない漫画もお得に楽しめます。

毎日ポイント50%還元。還元率もトップクラスでまとめ買い好きにも重宝します。

オトナ向け漫画ネタバレ カラミざかり
おおやまねこをフォローする
まんがのけもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました