上司のアソコはXLサイズ ネタバレ 20話!マウロに告白された咲はやっぱり須崎が…

漫画「上司のアソコはXLサイズ!?~太い先っぽ…入ってる…!」の20話ネタバレを紹介します♡

須崎に相談していたマウロの想い人は咲で、告白するも、咲は須崎を諦められず…

先に画バレ・漫画を読みたい場合はこちらからどうぞ…♡

まんが王国で「上司のアソコはXLサイズ 」を今すぐ読む

登録無料!今すぐ漫画が読める


上司のアソコはXLサイズ ネタバレ 20話

須崎とマウロの会話。

マウロの想っている相手が誰だか分らない須崎は、マウロに尋ねます。

随分とその相手が好きなようだけれど、それに気が付いたきっかけは何だったんだ?と。

マウロは、ここのところ下半身の不調が続いているそう・・・

でも、その彼女のことを想うと、下半身が疼いてくるとのこと。

須崎のほうはその彼女が咲だなんてことはもちろん知らず。

 

一方、咲のほうは須崎の後姿を見て、ホテルで須崎から言われたことを思い出して怒っていました。

幸せにできないってどういうことよっ!?と。

そして、須藤がいない間に頑張ってまとめた資料について何かアドバイスが欲しかった、と寂しそうに須藤を見つめています。

そんな寂しそうな咲の視線に気付いたマウロは、プレゼン頑張りましょうね!と咲に声を掛けるのでした。

 

マウロと咲がプレゼン発表をしている間、会社に残って仕事をしている須崎に小夏が話し掛けてきます。

あの夜のこと、渡瀬先輩に改めて聞かれたんですけど・・・と。

そのことは言わなくていい・・・部署の皆にもだけれど、渡瀬には特に言うな、と口止めをしてくる須崎。

そんな須崎の言葉を不思議に思いながらも、小夏は咲とマウロがお似合いだと言います。

小夏によると、マウロは咲にとてもよくしているそう。

それを聞いた須崎は、マウロの想い人はもしかして咲なのではないかと気が付きます。

いますぐ咲のもとへ駆け付けたくなりますが、ホテルで自分が言ってしまった言葉を思い出し、思い留まるのでした。

 

その頃、マウロと咲はプレゼンが大成功で終わったことを喜んでいました。

せっかくなのでこの後一緒に食事に行こうとマウロは誘い、咲もそれに了承します。

この近くにお勧めの店があると言う咲に、イタリアンかフレンチか和食かとマウロは期待しますが、咲のお気に入りの店はラーメン屋。

自分で話していて、須崎に言われたダイエットのことが一瞬頭をよぎった咲でしたが、マウロはラーメン屋に大賛成するのでした。

そんな話をしていると、いつも私に元気をくれる!と咲に感謝をするマウロ。

そして、前に言っていた想い人との問題は解消しましたか?と咲に尋ねます。

何も言えず口ごもる咲に、私なら大切なあなたを悲しませたりしない・・・だから私の恋人になってください、と咲に告白をするマウロなのでした。

その告白に咲は・・・

 

一方、須崎のほうは、もしかしたらあのふたりは今頃・・・と気になりながらひとり会社に残り、仕事をしています。

そこに・・・なんと咲がやってきたのです。

咲はマウロの告白に、どうしてもその人が好きで、たとえ1番じゃなくてもそれでも諦めきれない・・・と言ったのでした。

そんな咲に、その好きな人っていうのは誰だかわかった気がする、と言うマウロ。

そして、今度また一緒にラーメン屋に行きましょう、とマウロは微笑んだのでした。

咲は、帰る途中にまだ会社の電気がついているからきっと須崎だと思ってここに寄ったそう。

この前のことはすまなかった・・・でもお前にはもっとふさわしい男が・・・とまで須崎が言い掛けたところで、私こそ須藤さんにはふさわしくないのかなと思う・・・と言う咲。

咲は、出張先で何があったか教えてくれない須藤に自分が頼りないからだと気にしていたのです。

小夏のように自分も須崎の役に立ちたいと・・・

でも・・・事実は・・・

 

えー!!接待でお酒をすすめられて飲みすぎた!?と大きな声を出す咲。

須崎は、以前お酒のことで注意していたのに自分がそうなってしまったなんて格好悪くて言えなかったそう。

そして、自分がいない間しっかり仕事をしていてくれたことを褒めてくれるのでした。

役に立たないと言っていたが、お前が仕事に集中すればそれが結果として俺の助けになる、と言います。

それを聞いた咲は、嬉しくてつい須崎の胸に飛び込んでしまうのでした。

今日は平日だけれど泊まっていこうと須藤は照れ臭そうに提案し、ふたりはホテルへと向かいます。

 

部屋に入り、抱き合っていると、すぐに反応を示してくる須崎。

どうにか我慢して眠ろうとする須崎に、後ろから抱き付いて誘う咲。

見つめ合い、キスをするふたり。

久しぶりでキツキツの咲のアソコにゆっくりと挿入していく須崎。

最初はあんなに痛かったのに、いまではすぐに気持ちよくなってしまいます。

自分の指でもローターでも届かなかった奥に須崎のモノならすぐに届いてしまうのです。

ちょっと動かされただけで、すぐにイってしまう咲。

そんな咲を見て、お前がほかの男にこんなことをされるなんて考えるだけで嫉妬で死にそうだ・・・と須崎は言います。

そして、今すぐは無理かもしれないがお前にふさわしい男になるよう努力する!と言って思いっきり咲を抱くのでした。

 

その頃、小夏は…部屋で須崎のことを考えていました。

あの夜、自分のせいで酔いつぶれてしまった須崎・・・

全然みっともなくなんかないのに…私のことを助けてくれただけなのに・・・と思いを馳せるのでした。

「上司のアソコはXLサイズ」ネタバレ 21話に続く


上司のアソコはXLサイズを無料で読む方法

ここでは「上司のアソコはXLサイズ」をお得に読みたい場合におすすめの電子書籍サービス・アプリや動画配信サービスをご紹介します。

まんが王国登録無料!毎日最大50%ポイント還元。無料でじっくり試し読み3000作品以上。「上司のアソコはXLサイズ」が読める。今すぐ読む
ebookjapan会員登録無料!お得なセールは頻繁に開催。漫画だけでなくラノベなども豊富。配信数トップクラス。今すぐ読む
U-NEXT無料トライアル31日間!動画はもちろん、600円分のポイントを使って漫画を無料で読める。今すぐ読む

U-NEXTに関しては、無料期間中に解約をすればお金はかかりません。

絶対に無料で読みたいですわ!!!

「上司のアソコはXLサイズ」を無料で読みたい場合は、無料でお試しができて600円分の漫画がタダで読めるU-NEXTがおすすめです!

「上司のアソコはXLサイズ」を今すぐ無料で読む

600円分の漫画が今すぐ無料

上司のアソコはXLサイズ ネタバレ 20話感想

マウロ、優しいですね。

振っちゃうのもったいない!

振られちゃってもあんなに優しい表情ができる人ってなかなかいないですよね。

それに比べて須崎のほうは、口下手なんですね。

照れ臭さもあって、誤解があるような言い方をしてしまう・・・

でもきちんと咲に伝わって良かったです。

仲直りもしましたが、小夏のほうが・・・なにか考えてそう。

何も問題が起こらなければいいけど・・・

須崎と咲が無事に仲直りできて良かったですわ♡

漫画「上司のアソコはXLサイズ」の20話ネタバレと感想を紹介しました!

オトナ漫画はスマホからこっそり楽しむに限りますね♡

まんが王国で「上司のアソコはXLサイズ」を今すぐ読む

登録無料!今すぐ漫画が読める


まだ漫画バンク使ってるの?漫画を無料で読むならココ!

まんがのけものがおすすめする「漫画が無料で読めるサービス」はこちら!漫画バンクより安全です。

コミック.jp

配信作品数は13万以上!無料で読める漫画も豊富。1350円分のポイントがお試し期間中にもらえて有料作品もタダで読めるのは6月1日まで!

退会してからも漫画は読めるので、試すなら今がベスト(無料期間中に解約すればお金はかかりません)

U-NEXT(ユーネクスト)

600円分のポイントがお試し登録後すぐにもらえる!気になる漫画の最新刊・最新話もポイントを使えばもちろん無料で読むことも。

さらに雑誌が読み放題(追加料金なし)!アニメ化・ドラマ化・映画化など映像化した作品も楽しめる!

まんが王国

登録無料、ダウンロードも不要で無料漫画がいつでも読める!無料作品は3000作品以上常に配信。

アダルト・TLなどオトナ系コミックも豊富。まんが王国でしか読めない漫画もお得に楽しめます。

毎日ポイント50%還元。還元率もトップクラスでまとめ買い好きにも重宝します。

オトナ向け漫画ネタバレ
おおやまねこをフォローする
まんがのけもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました